産業商品としての役割

日本では戦後から自動車の開発が進み、世界で通用する自動車メーカーが多く誕生するよう

になっています。その結果として、自動車は日本の産業商品とはしては欠かせない存在

になりました。以前は日本の産業は、自動車産業と電機産業の2つによって支えられている

状況がありました。しかし、ここ10年程度で日本の電機メーカーは海外メーカーとの

激しい競争によって、業界シェアを落とす事態が起こっています。そのため、現在の

日本では自動車産業が経済を大きく支える役割を担うことになっています。日本の

自動車メーカーではハイブリットカーなどの低燃費性能の高い車を積極的に開発してきた

こともあって、今でも世界で戦える技術を備えています。日本の政府においても、

自動車産業の業績を伸ばすことで多くの雇用が生み出されるため、自動車産業の後押し

をする政策を打ち出す傾向が出ています。政府では省エネ性能の高い自動車の購入の

際に減税をしたり、自動車の輸出を増やすために為替を円安にもっていく努力を

しています。さらに最近では環太平洋貿易交渉によって外国の自動車に対する関税を

引き下げて、日本車の輸出を伸ばしていこうとする目論みが出ています。そのため、

今後も自動車産業が日本経済を引っ張っていくことになりそうです。

コメントは受け付けていません。