交通問題編

自動車の免許を取得して、自分の愛車を所有して乗るときにはとても嬉しいものですが、

それなりに交通関係の問題も出てきます。自分が免許を取得する前にはあまり考えな

かったようなことも目に見えるようになるのです。ですから、高校生のときに自転車に

乗っていた時と車に乗るようになってからでは、意識が変わるのです。

通常、日本の社会では左側通行であり、自転車も車両扱いとして同様に左側を走ることに

なっています。しかし、意外にそのあたりは知らない人も多く、車に乗って初めて

ほかの車両がどういった動きをしているかということを冷静に気付くことができるよう

になります。

また、制限速度や道路標識などの交通ルールを守ることは当然のことですが、時間がなく

ても渋滞であっても、交通の秩序を守らなければ、事故になることもあります。

ですから、十分に注意するようにします。

現在、かなり取り締まりが強化されているのが、携帯やスマホの利用や歩行者優先の

ルールです。運転中は携帯を触らない、歩道では歩行者が優先なので、横断歩道で渡ろう

としている人がいたら、必ず止まり、通すようにするなど、意外に守られていないよう

な交通問題でも守るようにするべきです。

コメントは受け付けていません。