個人所有の歴史

あなたは自動車を持っていますか。自動車がいつ、どこで、誰の手によって発明されたか

は御存知ですか。実はルーツは1880年代にさかのぼります。ヨーロッパの発明家

であるジェームズ・ワットという科学者が発明した蒸気機関の仕組みが起源になります。

それから蒸気機関の仕組みは蒸気機関車、つまり鉄道へと移行され、その仕組みを応用

したガソリンを燃料とする自動車が生まれるのです。自動車を個人所有するようになった

のは本当に最近50年程度で、それまでは大変効果で王室や会社の重役など限られた

階級の人間しか手にすることが出来ませんでした。このように自動車の開発から所有

までの歴史はそれほど長いものではありませんが、その経緯は非常に複雑なものです。

話を戻すと1880年代から発明された自動車は目覚ましい発展を遂げ、1890年代

に入ると各企業がこぞってその技術力をアピールするため、モーターショーなどを

主催し自身の技術の具現化としてあらゆる性能のエンジンやタイヤを披露するようになり

ました。その後、大量生産方式が導入され、1台当たりの生産コストが大きく下がり、

車が一般の階級でも所有できるようになりました。今では一家に一台が当たり前です。

コメントは受け付けていません。