環境問題編

自動車は、昔から人々の生活に貢献してきました。

そんな人間にとってなくてはならない存在となった自動車は、年々進化してきています。

近年、各自動車メーカーが次々と発売しているのが、電気自動車やハイブリッド自動車

です。

これらの自動車はCO2削減することから、環境に優しいのが特徴です。

一般のガソリン車は、CO2や人体に有害といわれる窒素酸化物などを排出します。

一方電気自動車は電気の力でモーターを動かすため排気ガスを排出しないで済むのです。

さらに太陽光や風力などの再生可能なエネルギーの電気を使うことによって、CO2排出

を減らすことができます。

国内のガソリン車が電気自動車に代わるようになれば、CO2の排出量を約半分に削減

できるのです。

また、ハイブリッド車はガソリンエンジンと電気モーターの2つの動力源を持ってい

ます。

そのため、走行場所によって2つの動力源を切り替えることができるので、CO2排出を

減らしながら効率よくエネルギーを使うことができるのです。

この数年、このような電気自動車やハイブリッド車を買い求める人が増えてきています。

環境問題に配慮した、地球に優しい車はこれからもどんどん進化し続けていくのではない

でしょうか。

コメントは受け付けていません。