自動車開発の歴史

皆さんは自動車がどのように発明され、そして改良を重ねて今日を迎えているかを

御存知ですか。所謂、自動車開発にかかる歴史についてです。自動車は広く知られている

ように1765年にジェームズ・ワットという学者が蒸気機関車を発明したところまで

起源が遡ります。それまでは交通機関は馬車が中心でした、多くの人や物を運ぶには馬

を利用した輸送が一般出来でしたが、この蒸気機関という仕組みが出来たことにより

革命がおきます。最初の自動車はフランスが発明したもので速度としては人間が歩く

程度のスピードだったと言われています。その後も発明、改良、失敗が繰り返され、

先進国であるフランスが次々と新しい自動車を開発します。1880年代になると

ガソリンを燃料とする自動車が発明され、活躍の場がドイツのダイムラー社へと

移っていきます。このころから、蒸気機関を使うのは鉄道で、自動車はガソリンエンジン

を使用するようになってきます。そして、改良に加え、スピードも重視されるように

なったことからモータショーなどがヨーロッパ各地で取り入れられ、各社がしのぎを

削り新型エンジンを投入します。これらが自動車技術をより押し上げ、今日の礎を築

いたと言われています。

コメントは受け付けていません。